水泳用語の基礎の基礎

【あ行】

アップ
ウォーミングアップのこと。


アームストローク
腕の掻きの動作のこと。


あおり足
平泳ぎのキックで足首がかえっていない状態のこと。


インターバル・トレーニング
ダッシュと休息を交互に行うトレーニング法。


オールアウト
全力で泳ぐこと。


【か行】

カウントストローク
泳ぎながらストロークの数を数えること。


クイックターン
前転をするように水中で回転してターンすること。クロールの折り返しで使われる。


クールダウン
運動の最後に筋肉に疲れを残さないための整理運動。水泳だけでなくさまざまなスポーツでも行われる。


けのび
プールの壁を蹴って、両手両足を力を抜いて伸ばし浮く動作。


【さ行】

サイドキック
真横を向いてキックすること。


スイム
手足を使って普通に泳ぐこと。


【た行】

ダウンキック
水面からプールの底に向かってキックすること。


【な行】


【は行】

バック
背泳ぎのこと。


バッタ
バタフライのこと。


バサロ
背泳ぎの技法の中で、仰向けになりドルフィンキックを打ちながら泳ぐこと。


鼻栓
鼻に水が入るのを防ぐための器具。


フリー
自由形のことを指し、フリースタイルともいう。クロールのことを指す。


プール熱
咽頭痛・咽頭炎・結膜炎などの症状が特徴の急性熱性疾患。プールで感染することが多いことからこの名がついた。


ピッチ
腕の回転の速さのこと。


ボビング
水中に立って水中に潜り、プールの底を蹴って水面に顔を出すという動作を繰り返す上下運動のこと。


【ま行】

耳栓
耳に水が入るのを防ぐための器具。


【や行】


【ら行】

リカバリー
各泳法で後ろまで掻いた腕を前方に戻すこと。


ロング
長距離のこと。


レンクス
1ストロークで進むことのできる距離のこと。



TOPに戻る